すたっふのひとりごと

お祭りに感謝のおいちゃん

2018-10-13

東予店

今日はこの秋一番の寒さ、冬服にしました。毎年不思議に思っていますが、いくら暑さが残った

季節感でも、"地方祭"が始まる時期になると必ず寒くなります。 15年前に四国のこの地に

来ましたが、その時も同じ感覚を覚えています。 今とは違って、もっと寒く祭りの開始を告げる

未明の”宮出し”には、ダウンにマフラー巻いて行ったことを思い出します。 15年で温暖化が進んだ

とはいえ、季節の変わり目は,お祭りで知るのは変わらないようです。 豊作祈願時には

伝統を重んじる気候を甦えさせるものかも知れません。 生きているときは、神社を詣で神社主体で

死んだときはお寺様に御世話になる、神仏習合の世界を共有する我々は、天命を知って生きることで

喜びを感じるのがいいのかもしれません。 この地方祭は、楽しく喜びの多い縁を結びたいと思います。

まずは、会社が4連休になっているのに感謝します。

 

 

 

このページの上部へ