すたっふのひとりごと

トンボに感謝するおいちゃん

2018-10-04

西条店

10月に入りました。本来なら紅葉の季節と思いますが、暖かい地方では未だ先のようです。それででも

赤とんぼ1匹、事務所の裏ドアーから入ったようで、そのガラスドアに何度も頭から体当りして、外に憧れている

ようでした。優しく誘導して外に出してあげました。 もっとたくさんの赤とんぼとまみれて秋を感じたい。

トンボは、前にしか進まず退かないので、”不退転の精神”として”勝ち虫”とよばれたようです。 

武士に喜ばれ、鎧や兜に装飾用として使われたと聞いたことがあります。 長野県松本市に県内1番2番と

いわれ東大にも何名も入る学校があります。その松本深志高等学校の校章は、”高”の頭の部分に大きな

オニヤンマ(トンボ)がとまっています。かっこいいと思っていましたが、そんな由来かもしれません 。 

トンボ鉛筆もトンボ学生服もそうかもしれません。 進まざるを、退かなくても退転というべしということも・・・。

トンボを見たら心強く、前に進むことを決意するおいちゃん

 

このページの上部へ