すたっふのひとりごと

変わらない自然変われないおいちゃん

2018-09-24

東予店

季節の到来と言うのは、どういう風に決められるものなのか、不思議に思います。

暑かったり涼しくなったり又暑くなったり天候不順といいながら、お彼岸を迎えたら

彼岸花が真っ赤に、他を圧倒して一斉に咲き誇っています。 人間がもたらした

温暖化なんて関係ないといっているようです。少々の事で生き方は変わらないと

いわんばかりです。 確固たる生き方を達観しています。 人間は変わることを要求されます。

”変われ、変われ” ”学べ、学べ” ”挑め、挑め” ここに勝利の人生があるとの訓えです。

法律が変わったらそれに合わせて変わる、人を見て法を説きなさい、忖度は変化の競い合い、

変化は世渡りの極意 そんな中で人は、結構変化を楽しみながらその時期の開花を狙っている。

雌伏の時が長すぎると雄飛のタイミングを忘れている。白鵬だって付け人のときがあったんだといって・・

達観すべきお年頃なのに、まだ変化できないでいるおいちゃん

 行く末は大海となる雨露も 暫し木の葉の下 くぐるなり

 

 

 

 

このページの上部へ