すたっふのひとりごと

お城?!

2018-08-09

東予店

松山市内のロープウェー街を歩いていて、ふとロープウェー乗り場の中に入ると、松山城の模型がありました。

 

松山城は、松山市の中心部、勝山(城山)山頂に本丸、西南麓に二之丸と三之丸を構える平山城である。日本三大平山城にも数えられています。山頂の本壇にある天守(大天守)は、日本の12箇所に現存する天守の一つです。この中では、姫路城と同じく、連立式で、日本三大連立式平山城の1つにも数えられています。1933年ごろまでは、本丸部分には40棟の建造物が現存していたが、1949年までに19棟が火災により失われ、現存建築は21棟にまで減少した。建造物の現存数は二条城(京都府)の28棟に次ぐものです。

幕末に再建された大天守ほか、日本で現存数の少ない望楼型二重櫓である野原櫓(騎馬櫓)や、深さ44メートルにおよぶ本丸の井戸などが保存されています。


今日の心がけ⇒歴史を学びます。

新居浜市、西条市の不動産のことならエース住宅!! 

JS

このページの上部へ