すたっふのひとりごと

つばめに大感謝のおいちゃん

2018-06-18

西条店

つばめ家族の第四話から・・・。子供は3羽と思っていましたが、4羽を確認。相変わらず忙しいパパとママ。

食事は、羽をパタパタ停止してやっていると思っていましたが、巣の壁に足を付けていました。姉妹店の

観察力に負けました。でもこのことは特に大した事ではないです。 大した事は、運気をもたらすことです。

また、運気が来ました。小学校の先生がやってきました。子供たちをいっぱい面倒みている忙しい方です。

つばめより高い6階に住処を構えて頂きました。ここに教え子の子供達がやってくると思います。石鎚山も見える

6階からの眺めに喜ぶでしょう。  この先生は、短期の巣処で、来年3月には都会に帰っていく定めです。

つばめの家族もいずれ台湾に帰るのが定めです。 小生の定めもあります。 ここそこに居る間は、忙しい

毎日であってほしいと思います。ヤクルト・スワローズは、つばめ達の運気をもらって、交流戦のトップが確定。

セリーグでも2位です。交流戦が始まる前は、ドベでした。 つば九郎も毎日毎日忙しい。 長いロードが

終わって、ひのき舞台の神宮に帰って来るのが定め。 成果を持って・・・。 我もそういう定めである・・・か。

つばめ家族に大感謝のおいちゃん

 

このページの上部へ