すたっふのひとりごと

一筋縄ではいかない草むしり

2018-03-15

新居浜店

春になり、アパマンショップ前の駐車場にも草が芽吹いて背を伸ばし始めました。

朝の時間とかでちょこちょこ草むしりをしています。

草むしりは単純ではないのです(・∀・)ノ

これはあえて残してるツタバウンランという地中海原産の植物です。

新居浜店スタッフのTさんが持ってきてくれた苗から落ちたこぼれ種で芽を出しましたー!

大正頃に日本に入ってきて野生化した帰化植物。

サギゴケに似た薄紫の可愛いお花が咲きます。

こんな感じで石の隙間からも出てきてます!

紫色のつるも葉っぱのカタチも可愛いんですよねー。

たとえばホトケノザはピンクのお花が咲きますが抜いてしまいます。

右の方にある葉っぱはスミレなので抜きません。

同じように可愛いお花が咲く雑草なのに何故・・・?と思われるかもしれませんが

その場の環境や繁殖力の強さや希少性(?)で区別しております。

ちなみにホトケノザの足元に見え隠れしているカタバミも黄色い可愛い花が咲きますが

繁殖力が強すぎるので抜いても抜いても駆逐できない植物です・・・(;・ω・)

これもスミレなので抜きません。

品種も多くて愛好家の人も多いスミレ。

野原にも咲いてるので強そうなイメージがあるけれどわりとデリケートで

ちょっと環境が変わるとそこからはいなくなってしまったりします。

これはたんぽぽとたぶんノースポール?みたいな葉っぱ。

正体がわからないときはわかるまで温存。

このへんもタンポポだから残してます。

あ、でも。

いま写真を見ていて気付いたけれど・・・右側のギザギザは間違いなくタンポポだけど

左の丸いのはオニタビラコか何かのような気がする・・・見分けるのなかなか難しいですね。

左はスミレなので残します。

右側のタンポポに似た植物はノゲシなので抜きます。

花もタンポポと同じような黄色だし、お花が済んだら綿毛ができるのも同じなのですが・・・

根っこ深くて抜きにくいのもどっちも同じ・・・私、何でタンポポだけ残すのだろう・・・

タンポポよりずっと草丈が高くなっていまいち可愛くないってのもあるけど・・・

もはや差別かもしれない・・・(;・∀・)

最後にツタバウンランのアップ写真です。

つぼみついてます!!!

このブログがアップされる頃にはもっと成長してお花が咲いてるはずー!

誰かに草と判断されて抜かれない限りは・・・。

 

後日。

咲きましたー!

     ヨッシー☆

 新居浜市、西条市の不動産のことならエース住宅!! 

このページの上部へ