すたっふのひとりごと

合言葉は勇気、最後まで観ました。

2018-02-06

新居浜店

前回までは、困っている村のために裁判したのに、偽弁護士だとバレてしまい、

袋叩きにされたうえに村から追い出されてしまったところでした。

村からも追い出されたので、原告団の一人として法廷に立つことはもうできません。

 

普通の人であれば、もう諦めてしまうと思うのです。

ところが、

ところが、主人公の暁仁太郎は諦めませんでした。

 

裁判官を説得できる口頭弁論とそれを組み立てる頭脳はあり、ないのは弁護士の資格だけでした。

その弱点をカバーするために、仕事にあぶれた三流の病気がちな老弁護士を見つけ出してきます。

その老弁護士を仮病で車椅子に座らせて、法廷代理人の看護人という形で、再び法廷に立ち口頭弁論を続けたのです。

スゲー。

村人に袋叩きにされても、裁判を諦めないという姿勢がスゲー。

 

最後は村の人たちも理解してくれて、みんなで裁判所に応援に来てくれます。裁判所の敷地内にも入りきらないくらいの人数で。

 

実は自分は、この物語の主人公に憧れて民法の勉強を始めました。それが宅建試験へと繋がっていくのですが、

宅建試験はとても難しく何度も諦めそうになりました。

でも暁仁太郎が諦めなかったので、自分も諦めませんでした。

 

合言葉は勇気は、自分の人生を変えたドラマです。

 

話を戻して、裁判の結果はどうなったかというと、

 

次回へ、つづき・・・ません。

 

良いドラマだから、実際に自分の目で確認したほうがいいよ。

 

 

リュウツェルン

新居浜市、西条市の不動産のことならエース住宅

このページの上部へ